草深の森 冬の整備作業      
                                                                                                                           
Topページに戻る            

草深の森は、印西市が地権者から借り受けて市民に開放する自然公園です。できるだけ里山自然を残すように整備されています。
以前の草深の森は、竹や笹でジャングルのようになっていてあまり日も差さず、ちょうど荒れた里山そのものでした。6年ほど前から私たちRCNがボランティアの協力を得て竹を切り、風通しを良くし整備をしてきました。その結果、徐々に林床の植物や鳥たちが増えてきました。四季折々楽しい散策路です。
この写真は、2009年1月16日に行われた冬の整備作業の模様です。当日は、市役所の方、地主さん、それからたくさんのボランティアの方が作業を行いました。子どもたちは、枯れ枝を集めて生き物の隠れ家(ビオネスト)になるオブジェづくり。いろんな作品ができました。これからも元気な里山目指して作業を続けます。


conv0001.JPGs.jpg conv0002.JPGs.jpg conv0003.JPGs.jpg conv0005.JPGs.jpg
conv0006.JPGs.jpg conv0007.JPGs.jpg conv0008.JPGs.jpg conv0009.JPGs.jpg
conv0010.JPGs.jpg conv0011.JPGs.jpg