NPO法人ラーバン千葉ネットワーク

RCNの沿革 


創成期
 (創成期〜NPO申請)
年   月
沿     革
1995年12月21日 (仮称)印西町納品組合設立準備会開催
1996年 1月 5日 名称をCNN(千葉ニュータウンビジネスネットワーク)に決定
                 発足会員13名
1996年10月27日 第3回ラーバンフエスタに参加(住宅都市整備公団主催)
1997年 4月16日 『千葉ニュータウン内外企業交流会』を主催
1997年 5月 CNN有志 イギリスガーデニングショー視察
1997年  7月11日 第2回千葉ニュータウン内外企業交流会として『印旛沼を丸ごと
食べる会』を実施。 印旛沼の自然と食を楽しんでいただく。
1997年10月25日   第1回 ラーバンガーデニングショー実施    
1998年 6月 7日 『ケビンさんと夏の里山を歩く会』実施
1998年 6月24日 印西市社会教育課公認団体として登録
名称を『千葉ニュータウンネットワーク』に変更
1998年 7月 8日 『これからの街造り意見交換会』を印西市都市建設部と実施
1998年10月17日 第2回 ラーバンガーデニングショー実施
1999年 5月28日 街造りに関してドイツ先進地視察実施


発展期
 (NPO申請〜現在)
年    月
沿     革
2000年 2月28日 特定非営利活動法人(NPO法人)として登録
2000年 4月30日 「ケビンさんと夏の里山を歩く会」印西市結縁寺
2000年 5月20日 滝野「お庭拝見ツアー」実施
2000年 5月27日 「歴史を食べ尽くす会」大森 河川遊覧を実施
2000年10月21日 ガーデニングフェスタ実施
2001年 3月24日 C・Wニコル・ケビン・ショート氏と里山ウオーク&フォーラム実施
2001年 5月 9日 印西市小倉・草深にて「歴史を食べ尽くす会」実施
2001年10月14日 ガーデニングフェスタを「コスモス里山まつり」に名称変更し、会場を印西牧の原公園とする。内容を住民ボランテイア主導に変換。コスモス種まきから住民参加型にする。
キャッチフレーズは、「美しいまち咲かせよう!コスモスプロジェクト」 
以降、私たちのメイン行事として現在まで継続。
2002年 3月 9日 「里山フォーラム」実施。協力イオン財団 全国から講師を招き、これからの里山を議論。堂本千葉県知事も来場する。
2002年 4月20日 ラーバンカフェオープン これより一年間自主運営のカフェをつくる。
2002年 7月21日 バラ講座開始
2003年 5月11日 「歴史を食べ尽くす会」と周辺の水系に広がる里山を歩くことを組み合わせ「水系ウオーク 草深の森ー印旛沼」を実施 以降現在まで新緑と紅葉期開催

      2003年秋/亀成川
      2004年春/本埜 秋/船穂   2005年春/泉倉寺 秋/印旛沼公園
      2006年春/武西 秋/印旛水路 2007年春・秋/結縁寺
      2008年春/安食 秋/神崎川  2009年春・秋/結縁寺
2008年10月25日 ケビン・ショート氏の「カントリーサイド・コミュテイカレッジ(里山カレッジ)」開校
2009年 5月17日 設立から当会を牽引してきた理事長 鈴木 均氏が急逝。後任に一島 正四氏が就任
2012年10月 6日 第16回コスモス里山まつり開催(翌年から公園用地が印西市に移管されることでFINALとする)
2012年11月24日 里山水系ウォークパート20開催 一本榎の秋 印西牧の原〜印旛日本医大へ