NPO法人ラーバン千葉ネットワーク

■北総里山カレッジ



北総里山カレッジ(Hokuso Countryside & Community College)
2012年6月16日
■はじめに:
RCNは東京情報大学教授でナチュラリストのケビン・ショートさんを校長兼主任教授として迎え、里山の文化と自然をこの地を訪れる多くの人たちに解説できる要員(ガイドあるいはインタープリター)を養成することを主目的として2008年10月に開校しました。

■実績:
・北総里山カレッジの初級コース修了者は都合3回合計約60名を数え,さらにこの内約40名が中級コースに進級しました。
・2009年3月にスタートした中級コースの講座は2012年4月時点で累計18回目を数え、受講者は延べ300名を超えています。
・受講者の居住分布をみますと、印西市を中心に千葉県内の近隣地区が大半を占めるものの、遠くは東京西部、神奈川県からの参加もみられます。
・現時点で中級コースを修了し、“Assistant Country Interpreter”資格を取得した者は合計約20名。

■目的:
・人材(ガイドあるいはインタープリター等要員)の養成のほか、
・里山の理解者及び体験者を増やすと同時に、地域の仲間づくりの受け皿とすること
 ・研究・学習成果の発表の場とし、成果を教材作成に繋げること
 ・里山に係わる人たちの交流・情報の受発信の場とし、ネットワークづくりを目指すこと

■「北総里山カレッジ」の基本的な考え方とコース概要              


 
■初級コース「里山の概念」の科目事例:


                             初級コースの授業とフィールドワーク                                            里山のテキスト

■中級コース「民族植物学」の科目事例:

                   
                      中級コース「民俗植物学」の授業内容

           

       「民族植物学に関連する本」の紹介
       1)植物図鑑
        ・山渓ハンデイ図鑑(樹に咲く花他)
        2)植物と人の暮らし・文化との関係
        ・草木染の事典、野草の博物誌
          薬草カラー大事典、山菜博物誌
        3)精神文化の植物学
        ・万葉植物事典、仏典の植物、
         草木夜ばなし・今や昔
         SCENTS OF EDEN

■中級コース選択科目の基本スケジュール:

◇中級コース選択科目の基本スケジュール◇


(基本6科目)
 1月   2月   3月   4月   5月   6月   7月   8月   9月   10月   11月   12月 


伝承文化
野山の野草
里山の樹木
    民族植物学@     民族植物学A 野 鳥

(結縁寺)
(亀成川)
(草深の森)

(結縁寺)
(松崎台公園) (北総花の丘公園)
                                             

(必須科目)







                     インタープリテーション入門
保全生態学
 1月   2月   3月   4月   5月   6月   7月   8月   9月   10月   11月   12月 
 (ガイド実技の場)


 ミニFW@
〜森の観察〜

ミニFWA
〜水系ウォーク〜


       

ミニFWB
〜水系ウォーク〜


   (草深の森観察会と連動)      (里山水系ウォークの下見会・勉強会と連動)                                         

■お問い合わせ先:
・メールアドレス:satoyamacollege@yahoo.co.jp