NPO法人ラーバン千葉ネットワーク

 

萌芽林


雑木林は薪や炭の原料、堆肥などの物質を供給するために維持管理されてきた。雑木林でもっともふつうに植えられた木はクヌギやコナラだった。この2種類は、丈夫で成長が早く、薪や炭の材料としてもよい。

イラスト:ケビン・ショートCopyright©